【杉並区殺人】松岡佑輔の犯行動機は?結婚へ逆恨みでストーカー?

2019年3月30日に、杉並区の保育士殺人で松岡佑輔容疑者が逮捕されました。

被害者は、松岡佑輔容疑者の同僚で近々結婚予定だった照井津久美さん(32歳)

あまりにも酷すぎる事件ですが、松岡佑輔容疑者の犯行動機は何だったのでしょうか。

結婚予定だった照井津久美さんへの逆恨みでストーカーに及んだのではという噂がある為、調査してみました。

【杉並区殺人】松岡佑輔の犯行動機は?

2019年3月30日に逮捕された松岡佑輔容疑者。

被害者の照井津久美さんとの関係は、「同僚」だったそうです。

同僚が殺人に及ぶというのは、よっぽどの何かがあったのでしょう。

照井津久美さんとの関係は同僚であり恋愛関係は無かった、と報道されていますが実際はどうなんでしょうか。


世間では、「痴情のもつれ」ではないかと推測する方が多いようです・・・。

【杉並区殺人】松岡佑輔の犯行動機は結婚へ逆恨みでストーカー?

松岡佑輔容疑者による犯行で命を落とした、照井津久美さん。

照井津久美さんは、成績優秀な学生だったとのこと。

学生時代は福祉心理学を専攻し、吹奏楽部に所属。

真面目で、決して恨まれるような性格ではないと周囲は話しています。

<被害者プロフィール>

  • 名前:照井津久美(てるい つぐみ)
  • 年齢:32歳
  • 職業:保育士
  • 勤務先:カリタスの園つぼみの寮乳児院
  • 学歴:東北福祉大学卒

照井津久美さんは、近々結婚予定だったそうです。

親族や婚約者の方は、今頃どんな思いなのかと考えると、本当に痛ましいですね。

この状況から考えると、松岡佑輔容疑者が一方的に照井津久美さんへ想いを寄せていたのではないかと思われます。

松岡佑輔容疑者は、照井津久美さんや婚約者(彼氏)に対する恨みを抱いていたのかもしれません。

松岡佑輔容疑者がストーカーと思われる手口①

照井津久美さんの自宅に侵入する際に、空き巣が使う「焼き切り」という手口を使用。

ただし、あぶり方が弱く「手慣れていない印象」があったと警察の調べで分かっていますが、計画的犯行であったのは間違いありません。

焼き切りとは?

ベランダの掃き出し窓の鍵付近のガラスをバーナーやライターで熱した上で、水をかけて冷やしてヒビを入れる。

最後に、ドライバーなどの工具で突き破るという空き巣がよく使う手口。

照井津久美さんは、夜勤明けで疲れていたところを狙われていたようです。

ようやく帰宅した自宅で、待ち伏せしていた犯人に襲われるのは、とんでもない恐怖だったと思います。

松岡佑輔容疑者がストーカーと思われる手口②

携帯電話以外の物品を物色された形跡が無かったのです。

  • 室内で金品などを物色された形跡が無い
  • 照井津久美さんがベランダに逃げるのを追いかける
  • 照井津久美さんの背中を包丁の持ち手が折れるほどに刺す
  • 照井津久美さんの携帯電話を強奪

これは、怨恨によるストーカー殺人と見て間違いないのではないでしょうか。

携帯電話だけ見たがるのが謎ですよね。

松岡佑輔容疑者は、携帯電話の中に何かを探していたのかもしれません・・・。

まとめ

杉並区の保育士殺人事件の犯行動機や松岡佑輔容疑者について紹介してまいりました。

松岡佑輔容疑者が逮捕されて、周辺住民も少し安心できますが、事件の全貌が早く明らかになると良いですね・・・。

松岡佑輔容疑者には、相応の裁きが下ることと思います。

被害者の照井津久美さんのご冥福を心からお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください