イチロー引退の理由は?動体視力の衰え?いつから限界だったのか?

イチロー選手が、2019年3/22(金)深夜まで引退会見を行いました。

日本中が涙と歓声に包まれた夜でしたね。

イチロー選手は、引退理由を「マリナーズ以外に行くつもりはなかった」と答えていましたが、真相はどうだったのでしょうか?

本当の引退理由は、動体視力の低下だったのでは?という噂もあります。

イチロー選手は、いつから限界だったのか、調査してみました。

イチロー引退の理由は?動体視力の衰え?

引退を宣言したイチロー選手。

引退会見の質疑応答にて。

Q.引退を決意された理由は?

マリナーズ以外には行く気持ちがなかった、ということは大きい。去年、戻していただいて本当にうれしかった。その後、5月にゲームに出られなくなる。でも春に向けて、まだ可能性があると伝えられていたので、自分なりに頑張ってこられた」

Q. 引退を決めたタイミングは?

キャンプ終盤。東京ドームの試合後が契約のタイミングだったこともあったが、キャンプで思うように結果が出ず、その終盤で引退を決めた」

とイチロー選手は答えられています。

こちらが、引退理由に関する質疑応答の部分です。

視聴者の中には、なぜハッキリと引退理由を言わないのかという声もチラホラ。

また、動体視力の低下が原因だったのではと推測する視聴者もいます。

あるインタビューで、イチロー選手がこう語っていました。

衰えてくるのは、まず目からですから。

イチロー選手自身が「目」について話していますので、動体視力の衰えを薄々感じていた恐れはありますね。

イチロー引退の理由は?動体視力の衰え?いつから限界だったのか?

世間からの声で、動体視力の衰えを言われていましたが、イチロー選手は一体いつから限界を迎えていたのでしょうか

2019年開幕前オープン戦でのイチロー選手打撃成績

  • 打撃成績:25打数2安打
  • 打率:0割8分
  • 安打:2019年3/1(金)を最後に、18打席連続無安打

不調は、開幕後も続いていました。

メジャー所属後10年間でのイチロー選手打撃成績

  • 打率:3割超え
  • 安打:200本超え

この連続記録がストップした翌年(年齢37歳)から、成績が落ちてきています。

つまり、37歳辺りから限界を感じいた恐れはありますね。

全盛期のイチロー選手と比較して試合を観ていると、ボールへの反応の仕方も違うような気がしていました。


プロアスリートとして、完璧な生活習慣を送っていて体力的には全く問題がなかったイチロー選手。

しかし、どうしても目の衰えだけは抑えることが難しいようですね・・・。

まとめ

イチロー選手の引退理由について紹介してきましたが、いかがでしたか。

真相は本人にしか分からないことなので、世間の声をまとめた推測でしかありません。

イチロー選手の背中を負い続けた、野球少年がどれだけいたことか・・・。

日本だけでなく、アメリカやその他の国にも。

イチロー選手、長きに渡る第一線での活躍、本当にお疲れ様でした。

そして、ありがとう。

こちらの記事もオススメ!

【イチロー引退】菊池雄星が大号泣。イチローは何と声を掛けた?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください