日向坂46の改名理由は?場所はどこ?けやき坂と欅坂の違いを3分で解説!

2019年2月11日に、けやき坂46が「日向坂(ひなたざか)46」に電撃改名を発表!

世間に衝撃が走っていますが、改名した理由は何だったのでしょうか?

また、ファン以外には複雑すぎる「日向坂(けやき坂46)」と「欅坂46」の違いを3分で解説たいと思います!

日向坂の場所はどこなのかも調査してみました!

日向坂46の改名理由は?場所はどこ?

電撃改名の日向坂46

会員限定のサービス『showroom』にて、電撃改名が生配信された日向坂46。

世間でも驚きの声が多数上がっていますね!

これまで「けやき坂」として活動してきたところ、なぜ改名したのでしょうか?

新しいグループ名は、メンバーの会話からアイディアを得たスタッフが考案したようです!

日向坂への改名理由は?

具体的な理由は明らかにされていませんが、改名理由は恐らく2つと思われます。

理由1:欅坂46が本家で、その妹分(2軍)の見え方を脱したかった

メンバーも、「ずっと悩んできた。ずっと”ひらがなけやき”で良いのか」とshowroomで述べていました。

けやき坂という名前に愛着もあり寂しい気持ちはあっても、メンバーはモヤモヤした気持ちを抱えていたのでしょうね。

理由2:「欅坂46」VS「日向坂46」という構図にし、盛り上げようという戦略

漢字欅(欅坂):大人や社会に反抗的な楽曲が多めで、クールな世界観

ひらがな(旧けやき坂・日向坂):欅坂と乃木坂を足して割った様な、思春期の女の子が主張を吐露したような世界観

日向坂の場所はどこ?

「ひなたざか」と読む「日向坂」は都内に実在しません。

「日向坂(ひゅうがざか)」は東京・港区の三田に存在します。

日向坂46(けやき坂)と欅坂の違いを3分で解説!

日向坂46

漢字の「欅坂46」と、ひらがなの「けやき坂46(日向坂)」は、同じグループじゃないの!?

と、アイドルに詳しくない一般の方は、混乱されると思います。

混乱を解消するべく、簡単にご説明します!

欅坂46

欅坂は、紅白歌合戦にも出場しており、『サイレントマジョリティー』が有名ですよね!

イメージは、大人や社会に反抗的な楽曲が多めのクールな世界観

「欅坂」の画数が21のため、メンバーも21人とのこと!

けやき坂(日向坂46)

日向坂46(旧けやき坂)は、欅坂と乃木坂を足して割った様な、思春期の女の子が主張を吐露したような世界観

「JOYFUL LOVE」からも、その雰囲気を感じ取れると思います。

けやき坂が発足したのは、長濱ねるさんがメンバーとして緊急新加入したことがキッカケでした。

これまでに例の無い特例措置だったようです。

最初に欅坂があって、その後に「けやき坂」が発足したでたので2軍のような見え方になっていたということです。

長濱ねる

メンバーは12名で、長濱ねるさんが欅坂と兼任です!

このような背景があるため、関連グループのAKB48グループや、乃木坂46とは違った組織に成長してきているのです。

AKB48グループ派、乃木坂46派、欅坂46派と人気が分散していたところに、さらに「日向坂46派」が出てくるということですね。

まとめ

日向坂46の改名理由や、欅坂との違いについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

今、最も勢いの出てきたアイドルグループといっても過言ではないかもしれません。

これからの活躍に期待がかかりますね!

応援しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください